一人暮らしWi-Fi

一人暮らしに向いているWi-Fiをご紹介

  このサイトは

 「一人暮らし向きの安いWi-Fiはないの?
 「一人暮らしでWiMAXってどう?」
 「一人暮らしでおすすめのネット回線は

 


 

 などの疑問や悩みを持ったあなたにぜひ見ていただきたいサイトです。

 

一人暮らしで知っておきたいネットi契約の要点(落とし穴?)

 ここでは、一人暮らしを前提で固定回線やネット回線契約をする際におさえておきたい内容をご紹介しています。

 

【要注意】更新期間の問題

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 ネット回線を契約する際、気をつけてほしいのは更新期間の長さです。

 

 一般的にネット回線は、更新期間が長めに設定されています。
 以前はWiMAXで1年更新とかあったのですが、今は見かけなくなりました。

 

 更新期間の長さは、総務省が見解を出すなど、スマホなどでも問題になったりしていますが、WiMAXなどは4年とかがあったりします。

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

引っ越す可能性があるなら要注意

 一人暮らしの場合、ご家族で住んでいるよりも身軽な分、引っ越しを考える機会も多いと思います。

 

 また、今は引っ越しを考えていなくても生活環境の変化で引っ越しをする可能性が高かったりする事から、個人的にはさすがに4年は少々長すぎると思います。

 

 とくに、WiMAXはエリア内でもちょっと違う場所に行くだけで電波の入りが悪かったりする事も現実に起こりえます。

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 こうした事からも、やはり一人暮らしのモバイルWi-Fiは個人的には更新期間は短いに越したことないと思います。

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 一方、最近LTE4G系で知名度を上げてきているネクストモバイルは2年契約。

 

エリアが広くて2年契約のネクストモバイルをもっと詳しく:【NEXTmobileWi-Fi公式サイト】

 

 個人的にはライフスタイルに応じたネット環境の構築をしやすい2年契約の方がおすすめ。

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 ※なお、WiMAXの場合は2年契約と3年契約でメリット、デメリットがありますので、もしもWiMAXを考えている人がいたら要チェックです。 
 ※WiMAXの2年契約は旧式の機種が無くなったらやっていないこともあるので要注意です。
 申し込む前にキチンと確認しましょう。

 

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

モバイル回線・固定回線特徴比較

ここでは、モバイル回線とネット回線について、一人暮らしを前提にメリット、デメリットについて挙げておきます。

固定回線のメリット・デメリット

 固定回線のメリット、デメリットは以下のとおりです。

固定回線を引くメリット

固定回線にはモバイルWi-Fiに無いメリットがありますが、ここでは固定回線のメリットについて紹介しています。

固定回線と安定感

 固定回線は、なんといっても電波が安定しているというメリットがあります。
 モバイルWi-Fiの場合は、ルーターまで電波が来ていて、ルーターがそれを捉えてそれぞれの端末に繋ぐわけですが、ルーターまでの電波がシッカリしていないとネットが不安定になることもありますが、固定回線を引いている場合は物理的なケーブルなどに問題がない限り安定感が違います

 

固定回線の方が速い

 一般的に固定回線の方がモバイルWi-Fiよりも速いです。
 固定回線の方が速いのは実際に速度計測すればすぐに分かります。
高速を求められるゲームに向いている固定回線
 WiMAXはモバイルWi-Fi最速とも言われていますが、それでも高速を要求されるゲームでは一瞬遅れたりします。
 もちろん、ネットの問題でだでなくPCなどの性能にもよってきますが、速度が少しでも欲しい場合はやはり固定回線がおすすめです。
 あまり知られていませんが、超高速10Gを誇るNURO個人宅向けFTTHサービス市場(月額100ドル未満)で下り速度が世界最速1位タイという圧倒的な速さを誇ります(ただし、地域が限られます)。

 

固定回線には制限がない

 モバイルWi-Fiの場合はどこも制限が付いて回りますが、固定回線はよほど特殊な使い方をしない限り容量に制限がありません。
 ですから、超ヘビーユーザーには固定回線が向いています。

 

 ネット上の噂を拾ってみましたが、固定回線で「使いすぎです」と警告が来るのは1日に30〜30Gとも言われています。
 私自身、超ヘビーユーザーの話を聞いたところ、10GB/日で警告が来たそうですが、飲み会での話なので、実際のところは不明ですけれど。

 

固定回線を引くデメリット

 ここでは、一人暮らしを前提に、速度に勝る固定回線を引くデメリットについてご紹介していきます。

価格が高い固定回線

 比べてみると分かりますが、固定回線の方がモバイルWi-Fiと比べると月々の支払いが高いです。

 

工事が面倒

 固定回線を引く場合、元々回線を引いている物件以外はどうしても工事をする必要があります。
 知らない人を家に挙げるのが嫌だという人も多いと思いますが、それ以外にも色々と手間が掛かります。

 

 ネットの工事は一般的に結構手間で、業者さんと連絡を取り、業者さんと自分の都合が良い日を合わせて、一般的には賃貸の場合には穴あけなどの作業も必要になったりします。

 

 また工事によっては穴あけなども必要になったりするので、大家さんの了解もとる事になります。
 届いてすぐに使えるモバイルWi-Fiと比較すると、どうしても時間も手間もかかります。

 

 また固定回線を引く場合、引っ越しシーズンなどの場合は土日が一杯で1カ月以上待つことがあったりしますので、余裕をもって対応しましょう。
 また、工事費用はプロバイダによりますが、数万円掛かったりしますので、申し込む前にキチンと確認しておきましょう。
設置工事費無料でも
 固定回線の場合、設置工事無料キャンペーンをやっていたりします。
 こうしたキャンペーンに乗っかると、標準的な工事が無料だったりしますので、お得感はありますが、問題は撤去の時
 入居時にネットを引く設置は無料でも、退去の際には現状に戻すことを考えると、引っ越しの際余計なお金が掛かる事になります。
 固定回線を引く場合、退去の時の費用もきちんと確認しましょう。 

 

家から持ち出せない

 固定回線の宿命ですが、家から持ち出す事は出来ません。
 モバイルWi-Fiを使うと、自分がいるところがネット環境になるので、一人暮らしで、家にいる時間よりも外にいる時間が長かったりする場合などにはモバイルWi-Fiがおすすめになります。

 

一人暮らしにおススメ!モバイルWi-Fiのメリット・デメリット

 一人暮らしを前提に、モバイルWi-Fiのメリット、デメリットなどについて紹介しています。

モバイルWi-Fiのメリット

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 モバイルWi-Fiは、一人暮らしと相性が良いです。
 その訳をご紹介していきます。

 

モバイルWi-Fiで自分がいる所がネット環境に

 固定回線と違い、モバイルWiFiならルーターを持ち歩くだけでネット環境を作ることができるので、仕事にもプライベートにも役に立ちます。

 

モバイルWi-Fiなら工事不要

 ネット回線を引き込む場合、家に穴を開ける必要があったりして大家さんとの交渉が必要だったりします。

 

 また工事が終わるまでネット回線が使えないのが普通です。

 

 この点、モバイルWi-Fiなら工事不要!
 最短申し込み当日から使うことができますし、大家さんに気を遣う必要もありません。

 

 もしも知らない人を家にあげるのが嫌な場合はモバイルWi-Fiを検討してみましょう。

 

スマホのテザリングによるバッテリーの心配がない

 スマホのテザリングでノートパソコンなどを使っている人も多いと思いますが、この場合、結構な速さでスマホの電源が減っていきます。
 モバイルWi-Fiを使うことで、スマホの電源の減りを抑えることができますので「スマホの電源が心配でテザリングができない」なんていう心配が減ります。

 

モバイルWi-Fiのデメリット

 モバイルWi-Fiは便利ですが、以下のデメリットがあります。
 しっかりとおさえておきましょう。

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

モバイルWi-Fi端末のバッテリー管理

 モバイルWi-Fiを使う場合、Wi-Fi端末の電源管理も必要になります。
 単純に、スマホだけでなくWi-Fi端末の電源管理が必要になり、手間が増えます。
 私も経験があるのですが、モバイルWi-Fi端末に充電したつもりで充電していなかったり・・・

 

端末を無くすと大変

 Wi-Fiを外に持ち歩く訳ですから、無くしてしまうと困った事に。
 モバイルWi-Fi端末は、結構小さいので無くしてしまう可能性も無いとは言えません。
 端末にもよりますが、一般的な設定ではモバイルWi-FiはSSIDを表示されますので、落としたりすると、その気になれば簡単に使われてしまいます。
 犯罪に巻き込まれる可能性も無いとは言えないので、万一の際にはプロバイダに連絡して止めてもらいましょう。
モバイルWi-Fi端末を無くしてしまった時の対応
 モバイルWi-Fi端末を無くしてしまったら、以下の対応が考えられます。
 ご参考までに。

 

 ◎プロバイダに連絡する
 Wi-Fiプロバイダに連絡して止めてもらいましょう。
 回線を停止してからモバイルWi-Fi端末が見つかった場合は、プロバイダに連絡して再利用の手続きを取る事になります。

 

 ◎探す
 当たり前と言えば当たり前ですが、意外と家の中にあったりしますので、探しましょう。

 

 

 ◎警察に連絡する
 万一、見つからない場合は、警察に遺失物届を出しましょう。

 

 ※万一のために、モバイルWi-Fi端末の電話番号を控えておきましょう。
 電話番号は、通常モバイルWi-Fi端末を操作すると出てきます。
 紛失の際に聞かれることがあり、知らないと面倒ですので、きちんと控えておきましょう。
 また、契約したときの書類も無くさないようにキチンと保存しておきましょう。

 

故障や水没にも注意
 

 モバイルWi-Fiは持ち歩くので、水没などにも十分注意を払いましょう。
 オプションで故障に対応してくれるWi-Fiプロバイダもありますが、なかには水没に対応した保証をやっていないところも。
 自分が使おうと思っているモバイルWi-Fiの保証オプションがどんなものなのかシッカリと確認しておきましょう。

 

一人暮らしとWiMAX

 一人暮らしでWi-Fiを探しているとWiMAXを思い浮かべる人も多いと思いますが、ここでは一人暮らしとWiMAXについてご紹介していきます。

WiMAXの特徴

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 WiMAXはエリア内で使う分にはモバイルWi-Fi最速を誇りますが、WiMAXの特徴はそれだけではありません。
 WiMAXの特徴は、主に以下の点が挙げられます。

WiMAXは速い

 WiMAXは、高周波を使っていることもあり、モバイルWi-Fiとしてはかなり高速。

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 上の画像は宮崎県宮崎市にある宮崎神宮で撮った写真ですが、43Mbps出ています。
 建物の外ではありますが、モバイルWi-Fiとしてはかなり高速だと思います。
参考:グーグルマップ宮崎神宮
 ちなみに、東京の赤坂近辺で31.7Mbpsを記録しています。

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 ベストエフォートと比較すると見劣りしてしまいますが、モバイルWi-Fiとしては結構高速です

 

月間容量無制限

 ギガ放題プランを使うと、超ヘビーユーザー以外は月間容量無制限で使えますので、使いではあります。
 

3日間10GB制限あり

 WiMAXはギガ放題プランを使うと確かに月間容量の制限はないですが、「3日間10GB」という制限があります。
 この制限は、3日間のデータ量が10GBを超えた日の翌日から3日間、8時間制限(おおよそ18時頃-翌2時頃)がかかり、この制限は最大速度1Mbpsになります。
 3日間10GB制限をクリアできれば、固定回線で使いまくる代わりになる人も多いと思います。

 

 

エリアが狭い

 WiMAXはエリアが狭いと言われますが、都市部で使う分には、個人的には最近はあまり感じません。
 WiMAXが出た当時は私が通勤に使っている電車の中でブツブツ切れていましたが、そのうちに切れなくなって快適になって今に至っています。

 

 むしろ、エリア内で建物の奥だと入らなかったりする方が困ってしまいます。
 同じ建物の中でも場所によって入ったり入らなかったりするので、こちらの方が困ってしまいます。
 なお、WiMAXはライトプランでLTEを使った場合、1カ月に1度でも使うとお金を取られてしまいますので、納得の上で使いたいところです。

 

WiMAXのLTEは緊急用と割り切る

 WiMAXのエリア外でとても頼りになるLTEですが、ライトプランの場合は先ほども言ったように一度でも使うとお金を取られますし、ギガ放題プランの場合は使った料金は取られませんが、LTEで7GBを超えてしまうと128Kbpsに制限が掛かります。
 この128Kbpsという速度は、正直言ってかなり遅くて使い物にならないほど遅くなると言って良いと思います。
 通常、WiMAXで制限が掛かると言われている「3日間10GB制限」ですが、これは1Mbps程度は出ますので動画を見ることもできる速度なのですが、これが昔のガラケー並みの128Kbpsになってしまうのです。
 しかも、LTEで7GBを超えてしまうと、月末までWiMAXも含めて道ずれの速度ですから、万一月初近辺でやらかしてしまうと、1カ月間「速度が大昔の携帯並みなんですが・・・」という状態になってしまいます。

WiMAXの2年契約と3年契約の違い

 WiMAXを考えている人は知っているかもしれませんが、WiMAXには大きく分けて2年契約と3年契約があります。
 「3WiMAX」は4年契約だったりしますが、とりあえず、今回は2年契約と3年契約の違いについてご紹介します。
 GMOWiMAXは、最近のWiMAXでは珍しく2年プランがあるのですが、2年契約と3年契約の違いは何でしょう。
 これは、ズバリLTEです。
 GMOWiMAXやブロードWiMAXでLTEを使った場合、2年契約のWiMAXの場合は1,080円取られてしまうのですが、これが無料になります。
 ですから、WiMAXのエリアが微妙な人にはおすすめのサービスに見えますが、上の記事でも書いている通り、緊急時用に割り切った方が無難ですから、個人的にはあまりメリットを感じません。
 そうなると、2年契約のギガ放題プランが無難で、本家のUQWiMAXよりは安いです。
 こうしてみると、月間容量無制限にこだわるのでなければ最初か4Gでエリアが広いネクストモバイルとかも十分選択肢に入ってくると思います。

 

 つまり
 月間容量無制限・速度も高速でないとイヤ⇒WiMAX
 月間容量制限以内に通信を抑えて、速度もそこそこで構わない⇒ネクストモバイル
 みたいな感じになります。

 

あなたにお勧めのモバイルWi-Fiはコレ

 ここまでは、それぞれのモバイルWi-Fiについての特徴などをご紹介してきましたが、ここからはそれぞれのモバイルWi-Fiについて具体的にプロバイダごとに特徴、評価などを纏めてランキング形式でご紹介しています。

 

 

ブロードWiMAX

 BroadWiMAXを一人暮らしの人にお勧めするのは、以下の特徴からになります。

BroadWiMAXの特徴

月々の支払いを確実に抑えられるWiMAX

 BroadWiMAXは、この記事を書いている時点でキャンペーンをやっていません。
 キャッシュバック重視で考えるならば、GMOWiMAXなどの方がトータルコストで考えると安くなるのですが、実際にはキャッシュバックをもらい損なっている人が結構いますので、特にキャッシュバックを重視していない、または月々の支払いを確実に抑えたい人にはBroadWiMAXがおすすめです。

 

最新の機種が手に入る

 他のプロバイダの中には安さを謳っていて、よくよく見てみると旧式の端末を使う事が前提の価格だったりしますが、BroadWiMAXなら最新の端末ですから、3年契約でも比較的新しい機種を使い続ける事ができます。
 また、古い機種の場合、ハイスピードエリアに対応していない事があります。
 ハイスピードエリア対応でないと708Mbps(ベストエフォート)に対応できませんので、どうせ持つなら最新型を持ちたいところです。

 

最短即日使える

 BroadWiMAXなら、店舗があるので最短即日お引き渡しが可能です。
 固定回線で、繁忙期には数か月先まで工事が埋まっていたりする事もあるので、店舗近辺に住んでいる人には魅力的だと思います。
BroadWiMAX店舗受け取り詳細を見る→https://wimax-broad.jp/feature/shop.php

店舗受取訴求

 

WiMAXはモバイルWi-Fi最速

 WiMAXはモバイルWi-Fi最速ですので、モバイルWi-Fiで少しでも速い速度を求めるならWiMAX一択になります。

 

月間容量無制限で使える

 WiMAXは月間容量無制限で使えるので、固定回線とまではいきませんが、けっこうたくさん使う人にはおすすめのWi-Fiプロバイダになります。
 ※ただし、3日間10GB制限とLTEを使った際の制限がありますので、注意しましょう。
 LTEを使いすぎるデメリットはこちら→WiMAXのLTEは緊急用と割り切るワケ

 

 

ネクストモバイル一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

 

 ネクストモバイルは、WiMAXと比べると知名度はありませんが、一人暮らしネット回線として使っている人も多く、私自身も実際に使ってみて充分使えますし、お勧めのモバイルWi-Fiになります。

 

ネクストモバイルの特徴

一人暮らし,Wi-Fi,おすすめ,ネット,モバイル

ネクストモバイルはエリアが広い
  

 ネクストモバイルはソフトバンクの4Gを使っているので、エリアの広さには定評があります。
 ですから、WiMAXで少々不安な人にお勧めのモバイルWi-Fiです。

 

ネクストモバイルはコスパが高い

 価格を比較してみると分かりますが、ネクストモバイルは3,000円ほどで20GB持つことができますので、スマホの制限で悩んでいる人におすすめします。
 また、30GB、50GBのプランもあるので、自分が使う容量に合わせて申し込むことができます。

 

ネクストモバイルを申し込むときは容量をしっかり把握しましょう

 ネクストモバイルは、この記事を書いている時点で後から容量を足すことができませんので、要注意です。
 万一容量を超えてしまうと、劇遅の128Kbpsで月末まで過ごさなければならなくなりますので、注意が必要です。

 

まとめ

 一人暮らしの人にはモバイルWi-Fiがおすすめ。
 ただし、ヘビーユーでWiMAXの3日間10GB制限やネクストモバイルの容量制限に掛かる使い方をする場合や、少しでも速い回線速度を求めるゲームなどをやりたい場合は固定回線も検討しましょう。

 

 また、モバイル回線の中で繋がりやすくエリアも広く、コスパが高いのはネクストモバイルです。
ネクストモバイル公式サイト→https://next-mobile.jp/

NEXT mobile

 一方、モバイルWi-Fiの中で現在最速を誇るのはWiMAXです。
BroadWiMAX公式サイト→https://wimax-broad.jp/

ガチャムク

 一人暮らしをより楽しく過ごすために、自分に合ったモバイルWi-Fiを選びましょう。

更新履歴
page top